日産マーチのことなら!

日産マーチの特徴

日産マーチは、本当によく目にしますね。日産マーチは、トヨタ・ビッツ、ホンダ・フィットと共に、今、人気のコンパクトカーの一つです。コンパクトなボディーですが、合理的なキャビンを持ち、広い車内となっています。専門家の評価も高く、特に2代目・K11型は日欧でカー・オブ・ザ・イヤーを同時受賞しています。


日産マーチのCMは、よく目にします。最近のCMで、終わりの方に欧州モデルのオープンタイプのマーチが紹介されているのは、ご存知ですか?今年、2007年夏に、マーチのオープンタイプが日本でデビューすることが決まりました。日本では取り扱われておらず、マイクラC+Cという欧州モデルが輸入されることが決定しています。日本の日産マーチでは、1997年にカブリオレモデルが発売されています。このカブリオレモデルは、幌がついていたタイプです。今回のマイクラC+Cは、幌ではなく、ハードトップタイプで、すこし、グレードアップしています。


オープンカーとなった日産マーチは、通常の日産マーチとかなり異なっています。特徴はやはり、オープンになること、このため、後ろの方は完全にオリジナルのデザインとなっており、シルエットも大きく変わっています。ルーフは、電動式グラスルーフで、約22秒で、開閉が可能、スタイリッシュなクーペ&コンバーチブルモデルとなっています。屋根を格納するトランクは、クーペ状態で457リットル、オープン可能状態で225リットルの容量があります。気になるハンドルは右ハンドル、エンジンは、日本のマーチには存在しない、1.6リッターDOHC110ps。これに4速ATが組み合わされたものです。


グラストップのオープンモデルは、閉じると普通のクーペとして扱えます。そして、オープンにすると、風を感じで走ることができます。1台で2つの車を持つことができるような使い方ができる、日産マーチのオープンモデル。夏のデビューが待ち遠しいですね。


日産マーチはこのようにいろんな機能も付いていますので多くのかたに愛されていますね。車をどれにしようか悩んだときにでも選択士の一つに加えてみてもいいかもしれません。車の好みというものは人によってすごく分かれるものですから、オープンモデルが好きな他方にはいいですね。

日産マーチファン情報 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日産マーチ

日産マーチのオープンモデル

日産マーチは、日産自動車が販売するハッチバック型のコンパクトカーです。トヨタ・ビッツ、ホンダ・フィットと共に、今、日本でもっとも人気のあるコンパクトカーの一つです。日産マーチは、コンパクトなボディーですが、室内は意外と広く、大人4人が快適に過ごすことができる車内となっています。


今、日産マーチでもっともホットな話題が、オープンモデルの発売です。テレビCMでも少し紹介されている、マイクラC+Cというのが、このオープンモデルです。マイクラC+Cは、日産 マーチの欧州モデルで、2005年から欧州で販売されています。日本の日産マーチでは、1997年にカブリオレモデルが発売されています。このカブリオレモデルは、幌がついていたタイプですが、今回、輸入が決定した、日産マーチ オープンモデルは、ハードトップタイプで、屋根を閉じた時には、通常のクーペタイプとなります。


日産マーチのオープン化にあたり、どのような点が変更になっているのでしょう。見た目のシルエットもだいぶ変わっていますが、細かく見ていきましょう。ベースのマイクラ(マーチ)に比べ全高を110mmダウン。全長を90mm延長し、ロングデッキ・ローフォルムのエレガントなスタイルとなっています。気になるハンドルは、右ハンドル車、違和感がありません。エンジンは日本仕様に存在しない1.6リッターDOHC110ps。これに4速ATが組み合わされたものです。ルーフは、電動式グラスルーフで、約22秒で、開閉が可能です。


グラストップのオープンモデルは、実は自分も所有しています。屋根を閉じれは、オープンカーであることを忘れるほど、普通の乗用車として扱えます。しかしオープンにすると、オープンカーでなければ、わからない爽快感があります。グラストップモデルの日産マーチ、これから、注目度ナンバー1間違いなしの一台です。


車を選ぶのは慎重になります。これは普通であれば数年使いますからね。日産マーチもそうですね。他の車でもそうです。一部のお金持ちであれば頻繁に買い換えることをするでしょう、一般人には高い買い物になりますからね。じっくり考えて決めたいですね。購入してからでは遅いですからね。

日産マーチファン情報 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日産マーチ

日産マーチについて

日産マーチは、トヨタ・ビッツ、ホンダ・フィットと共に、今人気の代表的リッターカーの一つです。パイクカーの「Be-1」・「パオ」・「フィガロ」などは、実は、この日産マーチの派生車種です。室内は意外と広く、大人4人が快適に過ごすことができる評判の車です。


日本の日産マーチでは、1997年にカブリオレモデルが発売されていますが、今回のマイクラC+Cは、幌ではなく、ハードトップタイプで、すこし、グレードアップしています。


日産マーチのオープン化にあたり、どのような点が変更になっているのでしょう。見た目のシルエットもだいぶ変わっていますが、細かく見ていきましょう。ベースのマイクラ(マーチ)に比べ全高を110mmダウン。全長を90mm延長し、ロングデッキ・ローフォルムのエレガントなスタイルとなっています。気になるハンドルは、右ハンドル車、違和感がありません。エンジンは日本仕様に存在しない1.6リッターDOHC110ps。これに4速ATが組み合わされたものです。ルーフは、電動式グラスルーフで、約22秒で、開閉が可能です。


グラストップのオープンモデルは、閉じると普通のクーペとして扱えます。そして、オープンにすると、風を感じで走ることができます。1台で2つの車を持つことができるような使い方ができる、日産マーチのオープンモデル。夏のデビューが待ち遠しいですね。


日産マーチはどちらも使えるというところがいいですね。2WAYのような使い勝手がなんともいえませんね。とにかく好みであれば試乗してみるに限ります。実際に見てみないとわからない部分もたくさんありますからね。画像や写真などを何枚見るよりも実物を見るということが大切ですからね。

日産マーチファン情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日産マーチ